アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

第23回MR認定試験 模範解答(医薬品情報)
|MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

MR認定試験(資格試験)模範解答速報

*この解答は、あくまでもアポプラスステーションの独自の見解であり、
MR認定センター様より発表される正式な解答とは異なることもあり得ます。

疾病と治療

疾病と治療 模範解答ダウンロード(PDF)印刷用

解答 解説 ページ
1 2 ミネラル→脂質 K3
2 1   K22
3 1   K22
4 1   R16
5 1   R21
6 2 大動脈弁→房室弁の各弁 K33
7 1   K37
8 1   K45
9 2 高血圧では心肥大が生じる R31表2-9
10 2 β遮断薬を投与する→β遮断薬の使用は控える R42
11 2 滑車神経→三叉神経 K50
12 1   K51
13 2 1秒率が低下→肺活量が減少 K54
14 1   K66
15 2 膵液→ホルモン(グルカゴン、インスリン、ソマトスタチン) K73
16 2 抗菌薬投与が有用→慢性化が懸念される場合に抗ウイルス薬、劇症化が危惧される場合には抗ウイルス薬とステロイドを含めた免疫抑制薬の使用を考慮 R81
17 2 代償→非代償 R89
18 1   K83
19 1   R99
20 1   R102
21 2 前方→後方 K87
22 1   R125
23 1   R134
24 2 タンパク質→糖質 K108
25 1   K111
26 1   K117
27 2 2型糖尿病→1型糖尿病 R137表8-1
28 1   R160
29 1   R170
30 2 真皮→表皮 K140
31 2 内耳→中耳 K146
32 2 タクロリムス軟膏→ステロイド外用薬 R182
33 1   K152
34 2 みられない→みられる R187
35 1   K162
36 1   R194
37 2 有効→無効 K180
R203
38 2 肺炎→悪性新生物 K198
39 2 腺がん→扁平上皮がん R237
40 1   R269表15-3
41 1    
1   K10
2 4層→2層 K11
3 備えていない→備えている K13
42 1   K16
43 1   K27表2-1
a    
b    
c 亢進→抑制  
44 1 2:双極性障害、3:統合失調症 R3
45 2    
1   R3
2 統合失調症の症状 R11
3   R3
46 3    
a 6.7%→約0.5~1% R9
b   R12
c   R12
47 3 一般に皮質症状は軽い R15
48 2 1,3:血管収縮作用 K45
49 3   R15
50 1 2:αβ選択性、3:β1非選択性 R30表2-8
51 2 1:Ca2+チャネル抑制、3:Na+チャネル抑制 R35表2-11
52 3   R38表2-12
53 3   R40*8
54 2 1,3:右心不全症状 R46
55 3   R51
56 1   K54図4-10
57 2   K55
58 2 1,3:発作治療薬 R57表3-3
59 1   K65
60 2   K68
61 1   K69
62 2   R76
63 2 1,3:経口感染 R80
64 3 a:高タンパク食を避ける R90
65 1 2,3:急性膵炎の治療 R92
66 3 1:7個、2:12個 K77
67 1   K80
68 1 2,3:不随意筋 K82
69 1   R96
70 2 トロンボポエチン→エリスロポエチン K93
71 2 切迫性尿失禁は過活動膀胱の症状 R125
72 2   K97
1 精巣上体→前立腺  
2    
3 弱酸性→弱アルカリ性  
73 3   R133
1 多発しない→多発する場合も多い  
2 黄白色の粕状の帯下→泡沫状の帯下  
3    
74 3   K111
75 2 1,3:細胞膜受容体 K113
76 1   K116
77 3   K121
1 B(β)細胞から分泌  
2 A(α)細胞から分泌  
3    
78 3   R143
79 2   R149表8-7
80 2   R154表8-12
81 1   R157
82 3    
1 4種類→2種類 K135
2 ヒト赤血球→アカゲザル赤血球 K136
3   K136
83 2 平衡感覚は特殊感覚である K139図11-1
84 3   K144
85 3   K148
86 3 1,2:発達緑内障の原因となる R173
87 1 ローレル指数とカウプ指数が逆 K154
88 1 ターナー症候群の説明 R186
89 1    
1   K170
2 Ⅴ型アレルギー K171
3 Ⅱ型アレルギー K169
90 1 抗PGD2・TXA2薬 R194表12-2
91 3 多い→少ない R195
92 1   K175
93 2 1,3:グラム陽性菌 K184
94 3 解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで出席停止する R208
95 3 脳炎の説明 R220
96 3   K203
1 M→T  
2 T→M  
3    
97 1   K207
98 1   R243
99 2    
1   R267
2 肝細胞がんの腫瘍マーカー R241
3   R267
100 2    
1 1~2週間後→1~2ヵ月後 R274
2   R274
3 EBウイルス→ヒト・ヘルペスウイルス6(HHV-6) R273
101 2 多動→無動 R21
102 4   R40
103 3   R60参考
104 3   R81
105 5   R103図5-13
106 1   R155表8-13
107 4   R179
1 エンテロウイルス→アデノウイルス  
2 クラミジア→エンテロウイルス  
3 アデノウイルス→クラミジア  
4    
5 エンテロウイルス→クラミジア  
108 2 IgM→IgG K166,167
109 5 24時間→48時間 R199*6
110 5    
a 経過観察はしない→経過観察に応用されている K203
b 画像診断→病理学的診断 K198
c   K202
d   K200
e   K203

疾病と治療 模範解答ダウンロード(PDF)

 

MR認定試験体験版

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする