アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

未経験からスタートしたMRのホンネ
|MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

先輩の声

未経験からの挑戦、周囲との連携による大きな成長、そして念願のがん領域へ。

Y・Sさん 31歳男性 / 前職:医薬品卸売会社営業⇒MR(4年)

Y・Sさん 31歳男性
前職:医薬品卸売会社営業 ⇒MR(4年)

前職はどんな仕事をしていましたか

医薬品卸売会社の営業職(MS)。製薬企業等から購入した医薬品を各医療機関へ販売する仕事を4年間経験しました。

プロジェクトの内容を教えてください

最初のプロジェクトは外資系メーカーで慢性疼痛、リウマチ、直近までのプロジェクトは内資系メーカーで骨粗鬆症などの整形領域、透析、リウマチなどの領域を担当していました。来月からは入社以来ずっと目標としていたオンコロジー*領域への挑戦となります。
*オンコロジー:「腫瘍医学」の事、がんなどの腫瘍を対象とする。

MRになった理由を教えてください

Dr.と対等に話せる、薬剤の深い知識が欲しかったからです。
私は新卒から4年間MSとして勤務していましたが幅広い薬剤を扱う分、その知識は浅く広くというものでした。MRと連携し仕事をする中、彼等の専門性の高い知識、そして専門性の高いDr.へ薬剤の特性を説明し採用・評価していただくという仕事。それに徐々に惹かれていき自分もその域に達したいと思うのは当然の流れでした。 前職の先輩も自身より先にMRに転職しており、その方が勤めていたのがアポプラスでした。周囲のサポートが厚く非常に安心できる環境だと聞き未経験の自分でもと思い入社を決意しました。

実際にMRになってどうですか?最初のイメージとはどんなギャップがありましたか

限られた時間の中での勝負だと感じています。MS時代、Dr.訪問は時間を決めずいつ行っても構わないという状態だったのですが、MRになってからは決められたほんのわずかな時間のみとなり、その短時間でいかにメッセージをDr.の中に残すかが重要となりました。
最初の頃は非常に緊張し、多分会話も相当ぎこちなかったと思います。(笑)それが訪問を繰り返す中、少しずつ反応を見ながら会話のキャッチボールが成立するようになり、最終的にはDr.が何を欲しているかが掴み取れるようになっていきました。もちろん個人プレーではなくMSの方々にDr.が今いちばん気にされている事をヒアリングし、そこから攻めていくなどの戦略を練ったりと、周囲との協力が非常に重要な仕事だと改めて感じています。

前職の経験が活かされたと思うことは?また苦労したことは

医療業界の全体像や慣習を既に把握できていた、というのは大きな強みとなりました。製薬メーカー、卸、各医療機関、この三者間の構図と仕事の範囲。医療業界はMRの価格交渉が禁止されていたりと非常に特殊な仕組みになっており、他業種からMRに転職した同期は頭では理解できてもなかなか体感ができず苦労しているようでした。
かと言っても、やはり私自身医薬品の知識は浅く広くだったため、そこは他業種出身の方々同様に知識を身につけるのは簡単ではありませんでした。10月にアポプラスへ入社し12月末まで研修、その後すぐ現場へ配属。そこから約1年間、業務とMR認定試験の勉強とを両立させていくわけですが配属先の上司が非常に理解があり、空いている時間は勉強してよいという方針の方だったため非常に助かりました。もちろん仕事は結果を出さなければならず両立は大変でしたが勉強時間を捻出できるよう日々フローを考え、結果として効率的に仕事をこなせるようになったという嬉しい副次的効果もありました。結果?もちろん1度で合格できました。配属先の上司のご厚意も裏切らずに済み本当に良かったです。

今後のキャリアプランについて

念願のオンコロジープロジェクトに配属が決まり、今後はその領域の専門性をどんどん高めていきたいと考えています。まず現時点では知識の吸収、アポプラスで提供している各領域の研修システムでオンコロジー講座を受講したり、わからない所を他オンコロジープロジェクトで活躍しているアポプラスのMRに質問したりとスタートに向け着々と準備を進めています。
ほんの数年前と比べるとコントラクトMRの活用が急速に進んでいます。ここから先は製薬企業にとってより重要な要因になり得ることは目に見えており、その時、時代に必要とされるMRとなっていたいと思っています。

アポプラスについて

製薬会社のプロジェクト数が多いです。外資、内資、様々な企業の中から希望を出せるのは非常に嬉しいですね。入社後は各領域の研修システム「APSカレッジ」があり、興味を持った自身の担当外領域のことも勉強することができ助かっています。このシステムの中には学術知識だけでなくビジネス知識の講座があるので医療経営士*の資格にもチャレンジしてみたいと思っています。
*一般社団法人 日本医療経営実践協会が発行する、医療機関の幹部養成を主目的とする医療界の新しい資格。

 

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする