アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

MRとは - MRの仕事内容を知る
|MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

MRの仕事内容を知る

MRの仕事

MRは医師や薬剤師に医薬品の情報を提供する営業職です

医師 写真

MRは医師や薬剤師などの医療従事者に、医薬品の品質・有効性・安全性など大切な情報を、タイムリーに提供します。生命に関わる情報を扱うため、専門的な知識、確かな倫理観が求められます。同時に、スキルに見合った報酬を得られるのも特徴です。
現在、日本では約6万人のMRが働いています。法律上、登録や資格などは必要ありませんが、公益財団法人MR認定センターのMR認定試験を受験し、認定証を取得するケースがほとんどです。

MRの勤務スケジュール

ある先輩の一日

医療ドラマなどで、たびたび登場するMR。実際は、現場でどのように働いているのでしょうか? 先輩MR2人のスケジュールをのぞいてみましょう。

診療所・クリニック担当の場合病院担当の場合

 

接待はありません!

MRは営業職の色合いが濃いだけに、「接待がつきもの」とのイメージを持つ方が多いようです。確かに、以前は活発に行われてきましたが、2012年4月から業界ルールが定められ、医師の接待は禁止になりました。お酒の席を設けたり、ゴルフに付き合ったりすることはありません。

アポプラスのMRは「コントラクトMR」

プロMRとして製薬会社の即戦力に

アポプラスの正社員MRがプロジェクトごとに製薬会社で活躍

アポプラスステーションは、製薬企業のMR業務を受託・代行する企業です。私たちは人材を正社員として雇用し、確かな戦力となるMRに育成します。研修を終えた社員は、プロジェクト単位で製薬企業と共に、現場でMRとして活躍します。このようなMRを「コントラクトMR(CMR)」と呼びます。

 

コントラクトMRとして働くメリット

MRの経験を積む中で見いだした自分の得意分野、将来設計に合ったプロジェクトを主体的に選択できます。
複数社のプロジェクトに参加するので、多彩な製品・分野に関わることができます。
育成システムが非常に充実しており、成長を望むMRにとってはまたとない環境です。

 

MR認定試験とは

公益財団法人MR認定センターが認定している民間資格です。医師免許や薬剤師免許のような国家資格ではなく、資格が無いからといってMR業務ができないわけではありませんが、MRとしてキャリアアップするためには必須です。資格認定試験は1997年から実施されており、2012年3月31日時点でMR認定証取得者は61,965名。全MR数に占める有資格者は97.1%に達しています。 MR認定証取得の流れ 試験は年1回、12月に東京・大阪で実施されます。1997年の第1回試験以降、2012年の第19回試験までに約11万人が合格しています。試験科目は全3科目。医薬品を取り扱うMRが業務を行うに当たり必要な知識を習得できているかが問われます。

認定試験科目

  • 医薬概論
  • 医薬品情報
  • 疾病と治療
MR認定試験模範解答速報
MR認定試験体験版にチャレンジ!!

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする