アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

MRとは - MRの仕事内容を知る
|MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

MRの仕事内容を知る

MRの仕事

MRは医師や薬剤師に医薬品の情報を提供する営業職です

医師 写真

MR(医薬情報担当者)は、法律で「医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供することを主な業務として行う者をいう。」と定義されています。
実際には、製薬会社の営業組織に所属し、一定の販売目標を持って医療機関を訪問します。 主として病院や診療所で医師の処方箋によって使用される「医療用医薬品」を扱います。
医療用医薬品は、適性に使用された場合でも有害な事象を起こすことがあり、場合によっては死亡に至ることもあるため、「どんな疾患(適応症)に、どのように使用するか(用法・用量、使用上の注意等)」は、厚生労働省が根拠に基づいて定めています。そのために、何よりも命に関わる医薬品を扱うという高い倫理観を持ち、患者さんとそのご家族の想い、患者さんに直接関わっている医療関係者の想いを真摯に受け止める態度が求められています。また、MRには高度な専門的知識が必要で、日々進歩する医学・薬学等の知識を自ら学び続ける姿勢も必須です。

MRの勤務スケジュール

MRの一日

 

アポプラスのMRは「コントラクトMR」アポプラスの正社員MRがプロジェクトごとに製薬会社で活躍

アポプラスステーションは、製薬企業のMR業務を受託・代行する企業です。私たちは雇用した人材を確かな戦力となるMRへと育成します。研修を終えた社員は、配属先の製薬企業にてMRとして活躍します。 コントラクトMRは欧米諸国では30年以上もの歴史があり、全MRの約30%をも占める国もある状況です。日本でも18年を経過し、CSO業界全体では2017年現在約3,800人が活躍しています。

 

コントラクトMRとして働くメリット

コントラクトMRとして働くメリット

MR認定試験とは

公益財団法人MR認定センターが認定している民間資格です。医師免許や薬剤師免許のような国家資格ではなく、資格が無いからといってMR業務ができないわけではありませんが、MRとして最低限の知識を担保している証左として必須の資格です。資格認定試験は1997年から実施されており、2017年3月31日時点でMR業務に就いている者の総数は63,185名、その内MR認定証取得者は61,168名。全MR数に占める有資格者は96.8%に達しています。

MR認定証取得の流れ

試験は年1回、12月に東京・大阪で実施されます。1997年の第1回試験以降、2017年の第24回試験までに127,302人が合格しており、合格率は約70%です。試験科目は全3科目。医薬品を取り扱うMRが業務を行うに当たり必要な知識を習得できているかが問われます。

認定試験科目

  • MR総論
  • 医薬品情報
  • 疾病と治療
MR認定試験模範解答速報
MR認定試験体験版にチャレンジ!!

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする