アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

スキルを活かす
|MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

スキルを活かす

異業種の営業経験を求めています

アポプラスのセミナーや採用面接には、医療業界以外の業種で営業経験を積んだ方が、大勢参加、応募いただいています。「薬学・医学の知識を身につけるのは大変そう」「医師相手の営業なんて不安」と考える方が多いかもしれませんが、それは、少し取り越し苦労です。

扱う製品が医薬品であるだけで、他業種の営業職と活動形態・方法が根本的に異なることは、さほどありません。もちろんどんな業界でも、扱う製品の知識をしっかり身につけなければ成果は上がらないでしょう。しかし相手が求めているニーズをしっかり把握し、それに合わせて営業活動を行えば前職がどんな業種であれ必ず実績は伴います。

相手が医師・薬剤師であることは、営業としてはやりやすい点が多いといえます。彼らも医薬品の情報は必須ですから、MRが相手の求めている情報を的確に伝えれば、普通は話を聞いてくれます。アポプラスには、業界未経験からMRになった社員が大勢いますが、「ものすごく仕事が難しい」という声よりは、「やりがいがある仕事だ」と答える割合の方が圧倒的に多いのが実情です。

また、MRは、訪問のたびに難しい文献を広げ、医薬品の説明をするわけでもありません。立ち話でちょっとした医師の悩みを聞くなど、日ごろからのコミュニケーションがとても大切です。
そんな中で、私たちがMR未経験者を積極的に採用しているのは、他業種での営業スキル・ノウハウをどんどん吹き込んでほしいからです。現役のMRとは違った営業の経験は、必ず現場の業務に役立ちます。

つまり、これまでに培った営業力で、医療の発展に貢献できるということです。またこれまで他業種の営業で培った人間力も合わせ、ぜひMRとしての一歩を踏み出していただきたいと、願っています。

MRに必要なスキル[MR独特のスキル:医学・薬学の知識,営業職共通のスキル:基本的コミュニケーションスキル&営業力]

 

現役MRのリアルな声

前職ではOA機器の営業を行っていたので、全く初めての経験ばかりでした。当初は面会相手が医師なので緊張しましたが、コミュニケーションを取るという点ではさほど変わらず前職で多くの方に接した経験が活かせました どうやって数字を作っていくか。考え方は前職の営業と同じでした。現口座先で売上拡大を図るのか、新規の口座獲得をしていくのか、前職で培ったPDCAサイクルをMR職でも活用し、目標数字を達成する事ができました

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする