MR認定試験体験版

演習問題   医薬品情報その3 2020年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

医薬品情報媒体と作成者の組み合わせで正しいのはどれか。
クリーム剤について正しいのはどれか。
医薬品の容器・包装について正しいのはどれか。
拮抗作用について正しいのはどれか。
薬物依存について正しいのはどれか。
(  )インスリン製剤は、硫酸プロタミンや亜鉛酸を加えることで結晶化させ、溶出時間を遅らせることで作用時間を長くしたものである。
妊婦における薬物治療について誤りはどれか。
臨床試験について、正しいのはどれか。
臨床研究の前向きコホート研究について、正しいのはどれか。
医薬品の「名称」について、誤りはどれか。

採点する

演習問題   医薬品情報その3 2020年

医薬品情報媒体と作成者の組み合わせで正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
新医薬品の使用上の注意の解説…製薬企業

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P10表1-5】 [1:医薬品インタビューフォーム…製薬企業、3:医薬品安全対策情報…日本製薬団体連合会、4:医薬品・医療機器等安全情報…厚生労働省、5:後発医薬品品質情報…厚生労働省]

クリーム剤について正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
皮膚への浸透性がよく、使用感もよい。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P28-29】 [1:適する → 適さない、2:水溶性軟膏剤、3:ローション剤、5:経皮吸収型製剤]

医薬品の容器・包装について正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
栓や蓋も容器の一部である。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P39、41-43】 [1:規定されていない → 規定されている、3:バラ包装 → 分包包装、4:切り離せる → 切り離せない、5:密閉 → 気密]

拮抗作用について正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
アセチルコリンによる平滑筋収縮作用に対するパパベリン塩酸塩の抑制作用は、非競合的拮抗に該当する。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P75-76】 [1:左方 → 右方、2:右方に平行移動 → 最大反応が減少、3・5:競合的拮抗 → 非競合的拮抗]

薬物依存について正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
アルコールは精神依存と身体依存の両方を形成する。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P90】 [1:顕著に現れる → 現れない、2・4:精神依存 → 身体依存、3:形成する → 形成しない]

(  )インスリン製剤は、硫酸プロタミンや亜鉛酸を加えることで結晶化させ、溶出時間を遅らせることで作用時間を長くしたものである。

結果

あなたの回答
正しい答え
中間型

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P103】

妊婦における薬物治療について誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
胎児毒性はパップ剤などの外用剤でも生じることがある。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P120】 [2:絶対過敏期 → 相対過敏期]

臨床試験について、正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
第III相臨床試験は、既存薬との比較などを行う。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P132図5-5】 [1:患者 → 健康成人、2:有効性 → 体内動態、3:臨床薬理試験 → 探索的試験、4:第III相臨床試験 → 第II相臨床試験]

臨床研究の前向きコホート研究について、正しいのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
まれな事象の追跡には不向きである。

解説【MRテキスト「医薬品情報」 P153】 [1:レトロスペクティブ → プロスペクティブ、2:大まかなデータ → 正確なデータ、3:バイアスが多い → バイアスが少ない、4:時間が短い → 時間が長い]

医薬品の「名称」について、誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
1物二名称になることはない。

解説【MRテキスト「医薬品情報」添付文書 P14-15】 [3:1物二名称になることもある。]

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る