MR認定試験体験版

演習問題   疾病と治療その1 2019年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

生殖細胞が配偶子になる過程の分裂様式を体細胞分裂という。
NaSSAは悪心などの消化器系の副作用は少ないが、不眠や体重増加がみられやすい。
ANPとBNPは交感神経活性やRAASとは拮抗的に働く。
びまん性汎細気管支炎はDVTが原因となることが多い。
肝硬変による出血傾向は、肝臓での凝固因子産生の低下、門脈圧亢進に伴う脾機能低下による血小板減少が高度になると生じる。
糸球体の濾過圧は、輸出細動脈の血圧に依存している。
消化管ホルモンは消化液とともに消化管に分泌され、消化管運動を調節する。
血友病はX連鎖劣勢遺伝により発症する。
胎盤には代謝機能がある。
5年生存率とは、治療開始から5年後に再発しないで生存している患者の割合のことである。

採点する

演習問題   疾病と治療その1 2019年

生殖細胞が配偶子になる過程の分裂様式を体細胞分裂という。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」基礎 P11】 [体細胞分裂→減数分裂] ※体細胞分裂とは、受精卵に始まる体細胞の分裂様式をいい、1個の母細胞から2個の娘細胞ができる。

NaSSAは悪心などの消化器系の副作用は少ないが、不眠や体重増加がみられやすい。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P21】 [不眠→眠気] ※NaSSAの主な作用は、α2受容体遮断作用であり、代表薬にはミルタザピンがある。

ANPとBNPは交感神経活性やRAASとは拮抗的に働く。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P43】 ※血管を拡張させ、腎臓からのナトリウム利尿を促進し、前負荷と後負荷を軽減し心不全を改善する方向に働く。

びまん性汎細気管支炎はDVTが原因となることが多い。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P73】 [びまん性汎細胞気管支炎→急性肺血栓塞栓症] ※急性肺血栓塞栓症は、エコノミークラス症候群と呼ばれる。

肝硬変による出血傾向は、肝臓での凝固因子産生の低下、門脈圧亢進に伴う脾機能低下による血小板減少が高度になると生じる。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P92】 [脾機能低下→脾機能亢進] ※肝硬変では、肝機能低下と門脈圧亢進によりさまざまな症候が現れる。

糸球体の濾過圧は、輸出細動脈の血圧に依存している。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」基礎 P84】 [輸出細動脈→輸入細動脈] ※腎臓に分布する交感神経は、輸入細動脈を収縮させることで腎血流量の低下に働く。

消化管ホルモンは消化液とともに消化管に分泌され、消化管運動を調節する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」基礎 P108】 [消化液とともに消化管に分泌→血液中に分泌] ※消化管ホルモンは、消化管粘膜に散剤する特定の内分泌細胞から分泌される。

血友病はX連鎖劣勢遺伝により発症する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P156】 ※主要症状としては外傷のほか、皮下、手足の関節や筋肉、歯肉などの出血があり、特に膝関節などの深部出血が多い。

胎盤には代謝機能がある。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」基礎 P148】 ※プレドニゾロンなどは、胎盤でほとんど活性を失う。

5年生存率とは、治療開始から5年後に再発しないで生存している患者の割合のことである。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「疾病と治療」臨床 P203】 [再発しない→再発の有無にかかわらず] ※生命予後とは、抱えている病気や術後などの経過において、生命が維持できるかどうかについての予測。

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る