MR認定試験体験版

演習問題   MR総論その1 2020年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

MR教育研修要綱のMRの定義について、誤りはどれか。
医師が交付した処方箋の使用期間はどれか。
医薬品医療機器法で定める医薬品はどれか。
麻薬専用の保管庫に一緒に保管できるのはどれか。
わが国の医療保険制度の基本的な仕組みについて、誤りはどれか。
医療法に規定されている「医療に関する理念」について、誤りはどれか。
RMPの報告先はどれか。
副作用・感染症報告制度を構成する4つの制度に該当しないのはどれか。
再審査期間が通常6年になるのはどれか。
生命倫理の原則について、誤りはどれか。

採点する

演習問題   MR総論その1 2020年

MR教育研修要綱のMRの定義について、誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
MR活動の目的は、医療用医薬品の適正な使用と販売促進である。

解説【MRテキスト「MR総論」 P2】 [3:販売促進 → 普及]

医師が交付した処方箋の使用期間はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
交付日を含めて4日以内

解説【MRテキスト「MR総論」 P25】

医薬品医療機器法で定める医薬品はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
日本薬局方に収載されている精製水

解説【MRテキスト「MR総論」 P65表3-3】 [2:医薬部外品 3:再生医療等製品 4:化粧品 5:医療機器] ※日本薬局方に収められている物は、医薬品である。

麻薬専用の保管庫に一緒に保管できるのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
覚醒剤

解説【MRテキスト「MR総論」 P82】 ※麻薬は、鍵をかけた堅固な保管庫に保管しなければならない。

わが国の医療保険制度の基本的な仕組みについて、誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
保険医療機関は、一部負担金を含めた医療費(診療報酬)を審査支払機関に請求する。

解説【MRテキスト「MR総論」 P110-111】 [3:一部負担金を含めた → 一部負担金を除いた]

医療法に規定されている「医療に関する理念」について、誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。

解説【MRテキスト「MR総論」 P137】 [5:医療法ではなく、薬剤師法に規定されている]

RMPの報告先はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
PMDA

解説【MRテキスト「MR総論」 P156】

副作用・感染症報告制度を構成する4つの制度に該当しないのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
安全性定期報告制度

解説【MRテキスト「MR総論」 P167】※安全性定期報告制度は、PMSの大きな柱となっている3つの制度のうちの1つを構成している。

再審査期間が通常6年になるのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
新投与経路医薬品

解説【MRテキスト「MR総論」 P186】 [2:10年 3:8年 4:先行新薬の残余期間 5:4年]

生命倫理の原則について、誤りはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
患者のための最善の利益とは、医療専門職の考える患者にとっての最善の利益を指す。

解説【MRテキスト「MR総論」 P198】 [5:医療専門職 → 患者] ※生命倫理の4原則は、自律尊重の原則、善行の原則、無危害の原則、正義の原則である。

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る