MR認定試験体験版

演習問題   MR総論その2 2019年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

MR認定試験の受験資格は、導入教育の基礎教育を修了認定された者である。
ヒューマンサイエンス振興財団のアンケート結果によると、治療満足度と薬剤貢献度は比例している。
GQPは、製造販売する製品の品質を確保するために必要な業務についての基準である。
医薬品副作用救済制度では、一般拠出金の他に、国が付加拠出金を拠出する。
処方箋の使用期間は、交付日を含め7日以内である。
医療法は2016年現在、5回改正されている。
市販直後調査の期間中に配布、説明する添付文書には、製薬協の定めた統一マークを記載する。
新投与経路医薬品の再審査期間は6年間である。
製薬協コード・オブ・プラクティスで用いられるプロモーションとは、販売促進という意味で用いている。
MRは、自社医薬品の有効性を強調した情報提供に心掛ける。

採点する

演習問題   MR総論その2 2019年

MR認定試験の受験資格は、導入教育の基礎教育を修了認定された者である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P16】 ※導入教育は、「基礎教育」と「実務教育」に大別される。

ヒューマンサイエンス振興財団のアンケート結果によると、治療満足度と薬剤貢献度は比例している。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P36-37】 ※ここ数年は、各種がんやHIV、関節リウマチ、骨粗鬆症などで大幅に治療の満足度、薬剤の貢献度が向上している。

GQPは、製造販売する製品の品質を確保するために必要な業務についての基準である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P66】 ※出荷管理や品質確保の管理などについて規定している。

医薬品副作用救済制度では、一般拠出金の他に、国が付加拠出金を拠出する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P89】 [国→健康被害を発生させた製造販売業者]

処方箋の使用期間は、交付日を含め7日以内である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P119】 [7日→4日]

医療法は2016年現在、5回改正されている。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P138表4-15】 [5回→7回]

市販直後調査の期間中に配布、説明する添付文書には、製薬協の定めた統一マークを記載する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P158】 [添付文書→医療用医薬品製品情報概要や新医薬品の使用上の注意の解説]

新投与経路医薬品の再審査期間は6年間である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P186】 ※新医療用配合剤と新投与経路医薬品の再審査期間は、6年間である。

製薬協コード・オブ・プラクティスで用いられるプロモーションとは、販売促進という意味で用いている。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P211】 [意味である→意味ではない] ※「医療関係者に医薬情報を提供・収集・伝達し、それらに基づき医療用医薬品の適正な使用と普及を図ること」を意味する。

MRは、自社医薬品の有効性を強調した情報提供に心掛ける。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P234】 [有効性を強調した→品質・有効性・安全性をバランスよく]

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る