MR認定試験体験版

演習問題   MR総論その3 2019年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

MR教育研修要綱のMRの定義における「定義」は、医薬品の適正使用のための情報を医療関係者に提供することである。
地域医療連携推進法人には、介護事業を実施する非営利法人は参加できない。
最近は、研究開発費が増大し、世界的に上市される新薬の数が増加するという傾向がある。
劇薬は、14歳未満の者に交付してはならない。
インサイダー取引は、独占禁止法で禁止されている。
療養費は、被保険者が自費で支払った全額を保険者から支給される。
2016年4月の調剤報酬改定に伴い、かかりつけ薬剤師制度が開始された。
製薬企業は、疑われる副作用・感染症を知った時、重篤性、未知・既知によらず15日以内に報告する。
再評価申請は、指定された提出期限までに、指定された資料を添付して厚生労働省に提出する。
MRが着用する名札に新薬の製品名を入れることは可能である。

採点する

演習問題   MR総論その3 2019年

MR教育研修要綱のMRの定義における「定義」は、医薬品の適正使用のための情報を医療関係者に提供することである。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P2】 [伝達→提供] ※伝達:収集した医薬品の有効性や安全性情報について企業が分析・評価した結果を医療関係者に迅速かつ正確に伝えること。

地域医療連携推進法人には、介護事業を実施する非営利法人は参加できない。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P21】 [参加できない→参加できる] ※介護との連携を図りながら、地域医療構想の達成と地域包括ケアシステムの構築に資する役割を果たすものと期待されている。

最近は、研究開発費が増大し、世界的に上市される新薬の数が増加するという傾向がある。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P47】 [新薬の数が増加する→新薬の数が減少する] ※イノベーションギャップが起きている。

劇薬は、14歳未満の者に交付してはならない。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P71】 ※貯蔵・陳列する場合は、他のものと区別しなければならない。

インサイダー取引は、独占禁止法で禁止されている。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P94】 [独占禁止法→金融商品取引法]

療養費は、被保険者が自費で支払った全額を保険者から支給される。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P124】 [全額→全額から一部負担金を差し引いた額]

2016年4月の調剤報酬改定に伴い、かかりつけ薬剤師制度が開始された。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P146】 ※かかりつけ医と連携の上で、在宅医療も含め、患者に安全で安心な薬物療法を提供する必要がある。

製薬企業は、疑われる副作用・感染症を知った時、重篤性、未知・既知によらず15日以内に報告する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P168、169表5-5】 [15日以内または30日以内] ※報告期限は、発現した副作用が既知か未知か、重篤か否かなどに応じて規定されている。

再評価申請は、指定された提出期限までに、指定された資料を添付して厚生労働省に提出する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P191】 [厚生労働省→PMDA] ※再評価を受けるべき旨を告示するのが厚生労働大臣。

MRが着用する名札に新薬の製品名を入れることは可能である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P219】 [可能である→不可である] ※医療用医薬品の名前がみだりに一般消費者の目に触れることは好ましくない。

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る