MR認定試験体験版

演習問題   MR総論その4 2019年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

調剤業務において、薬剤鑑査は、原則、調整した薬剤師が担当する。
市場実勢価格は、製薬企業が自由に設定してもよい。
医薬品製造業の許可は、処方箋医薬品とその他の医薬品の2種類である。
医薬品PLセンターは、PMDAが設けた機関である。
不妊治療における生殖補助医療の費用は国民医療費に含まれない。
後発医薬品が初めて薬価収載される場合は、先発医薬品の60%の薬価となる。
感染症症例については、報告対象のすべての症例について15日以内に報告する。
再審査期間には、販売開始後8年間など6つの期間がある。
企業理念は具体的な表現になっている。
500円の商品券であれば医療担当者に提供できる。

採点する

演習問題   MR総論その4 2019年

調剤業務において、薬剤鑑査は、原則、調整した薬剤師が担当する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P29】 [調整した薬剤師→調整者以外の薬剤師] ※薬剤鑑査:処方箋の記載と調整した薬剤を照合し、正確であることを確認すること。

市場実勢価格は、製薬企業が自由に設定してもよい。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P53】 [市場実勢価格→仕切価格] ※仕切価格:製薬企業が医薬品卸へ販売する価格。

医薬品製造業の許可は、処方箋医薬品とその他の医薬品の2種類である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P68】 [2種類→5種類に区分] ※製造業の許可は、製造所ごとに与えられる。

医薬品PLセンターは、PMDAが設けた機関である。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P93】 [PMDA→日本製薬団体連合会]

不妊治療における生殖補助医療の費用は国民医療費に含まれない。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P103図4-3】 ※国民医療費は、傷病の治療費に限っているため、正常な妊娠・分娩に要する費用なども含まれない。

後発医薬品が初めて薬価収載される場合は、先発医薬品の60%の薬価となる。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P133】 [60%→50%] ※バイオ後続品が初めて収載される場合は、先発医薬品の70%の薬価となる。

感染症症例については、報告対象のすべての症例について15日以内に報告する。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P169表5-5】 ※情報を入手したら速やかにファックス等により第一報の報告をすることが求められている。

再審査期間には、販売開始後8年間など6つの期間がある。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P185、186】 [販売開始後→製造販売承認後] ※再審査期間は、承認の際に厚生労働大臣が指定する。

企業理念は具体的な表現になっている。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P202】 [具体的→普遍的・抽象的] ※時代が変わっても、部門が異なっても運用できるようにしている。

500円の商品券であれば医療担当者に提供できる。

結果

あなたの回答
正しい答え

解説【MRテキスト「MR総論」 P226】 [提供できる→提供できない] ※商品券、図書カードなどの金銭代替性のあるものは不可。

別の問題に挑戦する

MR認定試験体験版
一覧ページへ戻る